2015年09月24日

あなたが本当にほしいプレゼントを彼氏からもらうためのコツを教えちゃうよ!

ほしい物を言えばいいとは言っても、いっぱい言っちゃいけないよ。「あれもほしい。これもほしい。ほしい物がいっぱいある!」っていう気持ちは普通の女子ならだれでも持ってる当たり前の気持ちなんだけど、彼氏からすればそんなにいっぱいありすぎるとこんがらがって覚えきれなくなっちゃうからね。覚えきれなくなった彼は、最強の媚薬女性用、結局あなたへのプレゼント自体を忘れてしまったりするんだ。よくばって結局ゼロになるよりも、最低でも1個はもらえるほうがいいでしょ?

彼氏があまりお金を持っていないのを知ってるし、なるべく負担をかけたくないからプレゼントは安物でいいや・・・って思ってるやさしい女子はいないかな?じつはそれって、男子からするとかなりショックなんだよ。「好きな女に安物しかあげられない、ちっちゃい男」だと思われたってことだからね。だから、彼氏のプライドを傷つけないためにも、本当はほしくない安物をねだるなんてことは、失礼だって知っておいてね。

プレゼントくれるのかなぁって心配するくらいなら、最強の媚薬女性用、「クリスマスにプレゼント交換しよう!」って提案しちゃおう。一人いくらって値段を決めておくと彼も分かりやすくて安心できるよ。彼が「何がいいかなぁ」と考え始めたら、あなたのほしいプレゼントを耳元でささやいちゃえ。プレゼントを買うことは決まっているなら、何を買えばいいのか分かりやすいほうが男子には楽チン。もらったときに、「なんでわかったのぉー」なんて大げさくらいに喜べば、その日のデートはラブラブでいっぱいになること間違いないよ。

彼氏が年上のおじさまならいいけど、若い男子が彼氏だったらあんまり高すぎる物はおねだりできないよね。仮に高級品をもらえたとしても、その後のデートがしょぼくなったり、なかなかデートしてくれなくなっちゃうかもしれないよ。だったら最初から、彼氏には高すぎるものをおねだりしないほうがいいよね。彼からあなたへの愛情の深さはプレゼントの値段では決まらないんだよ。彼に負担をかけすぎないのが大人の女子のたしなみよね。

小さな子どもがサンタさんにお願いするときだって、自分のほしい物を口で言ったり手紙に書いたりしてるよね。それと同じように、大人の女子が彼氏にクリスマスプレゼントをおねだりするときも、ちゃんと言葉にして表してみよう。「言わなくてもウチの気持ちを察してわかってほしい」っていう嬉しいサプライズへの期待があるかもしれないけど、残念ながら彼氏だってエスパーじゃないからちゃんと言わないとわからないんだね。何も言わないと、「何もほしくないんだな」って思われちゃうかもしれないよ。  


Posted by eisooie at 18:27Comments(0)

2015年09月24日

そんな「あの時の私、痛かったな…」と思う恋愛エピソードを、女性への取材をもとにご紹介します

「ダーリン論文集」という名前だけで、既に痛さMAXです。「女性の7割は昔付き合っていた男性の名前を検索したことがある」とどこかで聞いたことがありますが、最強の媚薬女性用、「彼の論文を検索して文集にする」というのはなかなか珍しいですね。向上心のある、アカデミックな恋愛ということにしておきましょう。

「特に用はないけど声が聞きたくて電話する」というのがカップルの中でありえるのなら、声が聞きたくなった時のために留守電を残しておくのも、最強の媚薬女性用、なんら自然なことなのかもしれません。ただ、「留守電メッセージのフォルダが彼の名前で埋めつくされている」という光景は、やっぱりちょっと痛いです。

名前も知らぬイケメンに勝手にあだ名を付けて楽しむ…なんだか女子高生のようですね。
本気の恋愛とまで行かなくても、好みの人を何となく眺めてはキャッキャする生活というも、日々の生活に張り合いが出て楽しいものですが、くれぐれも本人には知られないよう、注意が必要です。

確かに振り返ってみると、とんだ彼女気取りとも言えますね。ちなみにこの先輩は「死なないよ」と爽やかに言ってくれたそうなので、まんざらでもなかったのかもしれません。病気の時は優しくされると嬉しいですし、判断能力も鈍るので、ちょっと大胆に動ける「攻め時」かもしれません。  


Posted by eisooie at 18:27Comments(0)